« 2005年8月 | トップページ | 2005年11月 »

売上がドカンとあがるキャッチコピーの作り方

「売上がドカンと上がるキャッチコピーの作り方」は、実績あるショップオーナー、楽天で2年連続「ベスト店長」に輝いた竹内 謙礼さんが書いた本です。

わたしが取材していて、本当に売れている店、本当に売っているアフィリエイトサイトは、一般にイメージされているほど、かっこいいサイトばかりではありません。
正直、カッコよさで売れるケースのほうが少ないんです。
売るのはブロードバンドの時代になっても言葉。言葉の補足としての画像はあっても、言葉できちんと伝えられていないで、売れることはありません。

この本では具体例をたくさん上げて、どこをどうしたとき、どう効果が上がり、どんなひとを惹き付けられるのか、具体的に書いています。
すぐにそのまま自分の店ように少し書き換えて使えそうな例がたくさん載っています。
そして最後の付録も秀逸。「キャッチコピー言い回し辞典」として、すぐに使える言葉を600語収録しています。これだけでも買う価値あり!

続きを読む "売上がドカンとあがるキャッチコピーの作り方"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

買う気にさせるメッセージマーケティング

「買う気にさせるメッセージマーケティング」はわたしにとっては、自分が無意識でやってきたことを整理してもらえて、いい本でした

特に2章。
伝わりやすいメッセージのつくりかたとして、こうありました。
1.ポジティブに表現する
2.条件を変えてみる
3.有利な条件を集める
4.新しい評価軸を提案
5.新たにひねり出す

この5つについて、どう考えて、どうやれば、うまいキャッチがひねり出せるか、具体的に書かれていて、これはとても役立ちます。

ただ、後半を読むと、ものの見方の変え方などを指導してくれるのですが、少し気長にやらなければならない話なので、立ち読みして「即効性がない」と思ってしまうかもしれません。
でも前半、いえ、7割くらいはかなり具体性があって役立つはずです。
コピーはひらめきでも、アートでもない、実は「ものの見方」。そのものの見方をすぐ身につけられるやりかたにかなりページを割いていますから、
「コピーなんて、どこから手をつければいいのか、わからない」かたにはぜひ、おすすめ。
「おしゃれな言葉を並べたのに、売れない」かたにはさらにおすすめ。

お求めは=>amazone買う気にさせるメッセージマーケティング―実践

| | コメント (0) | トラックバック (1)

モバイルマーケティング進化論

ここまできた!モバイルマーケティング進化論

「モバイルマーケティング進化論」という、この本は「モバイルで何ができるの?」 そこからわかっていない入門者に適した本だと思います。

実はわたしもそのひとりでした。
モバイルは世界の中でも日本が一番進化しているとは聞いていましたが、やっぱりわたしもパソコンでネットを始めた世代ゆえ、 「あんなちまちました画面、あんな操作しにくいキーで操作するなんて…」と思っているので、モバイルのネットの、 PCとは全く異なる価値が見えていませんでした。
モバイルを学ぶ前のわたしのように思っているなら、この本、一読の価値ありです。

書籍の詳細情報は==>amazoneここまできた!モバイルマーケティング進化論
楽天ブックスここまできた!モバイルマーケティング進化論

続きを読む "モバイルマーケティング進化論"

| | コメント (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年11月 »